北海道札幌市南区の人口推移

北海道
北海道

北海道札幌市南区の総人口は2000年の156787人をピークとして日々変動しており、年少人口は1985年の31883人を生産年齢人口は1995年の110236人、老年人口は2030年の予測人口数の54721人をピークにそれぞれ特徴的な変動を続けています。

北海道札幌市南区の人口統計を1960年から2040年までの今後の予測や人口変動や増減のデータをもとに、年少人口や老年人口などをわかり易くグラフ化させていきたいと思います。

北海道札幌市南区の年少、生産年齢、老年人口の推移

北海道札幌市南区の年少人口、生産年齢人口、老年人口のこれまでの推移と今後の予測をグラフ化していますが、以下の人口統計のデータに関する注意点をご確認下さい。

以下の人口統計データは、RESAS(地域経済分析システム)から得たデータを加工してグラフ化させており、2018年時点でのデータとなりますので、月日が経つことで数値に違いが生じることがありますのでご注意下さい。

北海道で人気の観光地はこんな感じ








人口減少時代の自治体政策 市民共同自治体への展望
2050年世界人口大減少
おすすめの観光地を都道府県から選ぶ


北海道札幌市南区の総人口の推移(1980年~2040年)

北海道札幌市南区の総人口は2000年の156787人を最高に推移しており、2040年の人口予測数の102919人と比較すると53868人の差があり、今後この地域の総人口は減少する傾向にあると予想されています。

北海道札幌市南区の総人口数の一覧はこちら ⇒ 北海道札幌市南区の総人口数の一覧

北海道札幌市南区の年少人口の推移(1980年~2040年)

年少人口は1985年の31883人を最高に推移しており、2040年の人口予測数の6614人と比較すると25269人の差があり、今後この地域の年少人口は減少する傾向にあると予想されています。

北海道札幌市南区の年少口数一覧はこちら ⇒ 北海道札幌市南区の年少人口数一覧

北海道札幌市南区の生産年齢人口の推移(1980年~2040年)

生産年齢人口は1995年の110236人を最高に推移しており、2040年の人口予測数の44303人と比較すると65933人の差があり、今後この地域の生産年齢人口は減少する傾向にあると予想されています。

北海道札幌市南区の生産年齢人口数の一覧はこちら ⇒ 北海道札幌市南区の生産年齢人口数の一覧

北海道札幌市南区の老年人口の推移(1980年~2040年)

老年人口は2030年の予測人口数の54721人を最高に推移しており、1980年の7515人と比較すると47206人の差があり、今後この地域の老年年齢人口は増加する傾向にあると予想されています。

北海道札幌市南区の老年人口数の一覧はこちら ⇒ 北海道札幌市南区の老年人口数の一覧

北海道札幌市南区の年少人口、生産年齢人口、老年人口の推移

年少人口 生産年齢人口 老年人口

全国各地の都道府県の人口推移メニュー

人口推移の市町村メニューはこちら ⇒ 市町村の人口推移メニューへ

年少人口、生産年齢人口、老年人口の全国平均

平成26年10月1日現在の全国平均値は以下の通りです。

年少人口 12.8% 生産年齢人口 61.3% 老年人口 26.0%

年少人口は過去最低、65歳以上人口は過去最高
75歳以上の人口は12.5%で初めて8人に1人が75歳以上となっています。

出典:(総務省統計局) 人口推計(平成26年10月1日現在)より引用
‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐
URL:http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/

1980年の北海道札幌市南区の人口構成

年少人口 24.4% 31435人
生産年齢人口 69.8% 89815人
老年人口 5.8% 7515人

1980年の北海道札幌市南区の年少人口は24.4%で2014年の全国平均の12.8%よりも高く、大きく全国平均を上回っています。

生産年齢人口は69.8%で全国平均の61.3%よりも高くやや高い程度の割合で、老年人口は5.8%で全国平均の26.0%以下で大きく全国平均を下回っています。

2000年の北海道札幌市南区の人口構成

年少人口 14.2% 22130人
生産年齢人口 69.1% 107371人
老年人口 16.7% 25973人

2000年の北海道札幌市南区の年少人口は14.2%で2014年の全国平均の12.8%よりも高く、ほぼ全国平均と同様な構成です。

生産年齢人口は69.1%で全国平均の61.3%よりも高くやや高い程度の割合で、老年人口は16.7%で全国平均の26.0%以下でやや高い割合で少ないようです。

2020年の北海道札幌市南区の人口構成

年少人口 8.3% 11307人
生産年齢人口 53.1% 72005人
老年人口 38.6% 52275人

2020年の北海道札幌市南区の年少人口は8.3%で2014年の全国平均の12.8%以下で、若干少ないようです。

生産年齢人口は53.1%で全国平均の61.3%以下でやや高い割合で少く、老年人口は38.6%で全国平均の26.0%よりも高く大きく全国平均を上回っています。

2040年の北海道札幌市南区の人口構成予測

年少人口 6.4% 6614人
生産年齢人口 43% 44303人
老年人口 50.5% 52002人

2040年の北海道札幌市南区の年少人口は6.4%で2014年の全国平均の12.8%以下で、やや高い割合で少ないようです。

生産年齢人口は43%で全国平均の61.3%以下で大きく全国平均を下回っており、老年人口は50.5%で全国平均の26.0%よりも高く大きく全国平均を上回っています。

北海道札幌市南区の総人口数一覧

人口 増減(人) 増減(%)
1980年 128845人
1985年 141743人 12898人 10%
1990年 148393人 6650人 4%
1995年 155650人 7257人 4%
2000年 156787人 1137人 0%
2005年 153021人 ▲3766人 ▲2%
2010年 146341人 ▲6680人 ▲4%
2015年 141585人 ▲4756人 ▲3%
2020年 135587人 ▲5998人 ▲4%
2025年 128454人 ▲7133人 ▲5%
2030年 120560人 ▲7894人 ▲6%
2035年 112030人 ▲8530人 ▲7%
2040年 102919人 ▲9111人 ▲8%

北海道札幌市南区の年少人口数の一覧

人口 増減(人) 増減(%) 総人口比
1980年 31435人 24.3%
1985年 31883人 448人 1% 22.4%
1990年 28670人 ▲3213人 ▲10% 19.3%
1995年 25570人 ▲3100人 ▲10% 16.4%
2000年 22130人 ▲3440人 ▲13% 14.1%
2005年 18414人 ▲3716人 ▲16% 12%
2010年 15622人 ▲2792人 ▲15% 10.6%
2015年 13289人 ▲2333人 ▲14% 9.3%
2020年 11307人 ▲1982人 ▲14% 8.3%
2025年 9632人 ▲1675人 ▲14% 7.4%
2030年 8307人 ▲1325人 ▲13% 6.8%
2035年 7383人 ▲924人 ▲11% 6.5%
2040年 6614人 ▲769人 ▲10% 6.4%

北海道札幌市南区の生産年齢人口数の一覧

人口 増減(人) 増減(%) 総人口比
1980年 89815人 69.7%
1985年 99247人 9432人 10% 70%
1990年 105073人 5826人 5% 70.8%
1995年 110236人 5163人 4% 70.8%
2000年 107371人 ▲2865人 ▲2% 68.4%
2005年 103066人 ▲4305人 ▲4% 67.3%
2010年 92635人 ▲10431人 ▲10% 63.3%
2015年 81277人 ▲11358人 ▲12% 57.4%
2020年 72005人 ▲9272人 ▲11% 53.1%
2025年 64741人 ▲7264人 ▲10% 50.4%
2030年 57532人 ▲7209人 ▲11% 47.7%
2035年 51013人 ▲6519人 ▲11% 45.5%
2040年 44303人 ▲6710人 ▲13% 43%

北海道札幌市南区の老年人口数一覧

人口 増減(人) 増減(%) 総人口比
1980年 7515人 5.8%
1985年 10603人 3088人 41% 7.4%
1990年 14286人 3683人 34% 9.6%
1995年 19790人 5504人 38% 12.7%
2000年 25973人 6183人 31% 16.5%
2005年 31541人 5568人 21% 20.6%
2010年 37555人 6014人 19% 25.6%
2015年 47019人 9464人 25% 33.2%
2020年 52275人 5256人 11% 38.5%
2025年 54081人 1806人 3% 42.1%
2030年 54721人 640人 1% 45.3%
2035年 53634人 ▲1087人 ▲1% 47.8%
2040年 52002人 ▲1632人 ▲3% 50.5%

全国各地の都道府県の人口推移メニュー

人口推移の市町村メニューはこちら ⇒ 市町村の人口推移メニューへ