宮城県の高い付加価値額を生み出す製造業

宮城県
宮城県

宮城県には非鉄金属製造業、すべての中分類、食料品製造業などのさまざまな工場や製造業が存在しますが、これらの職種の労働生産性や売上げ総利益、人件費などから計算される高い付加価値額を生み出す製造業の推移を確認すると宮城県では年々増減などの変動がみられます。

ここからは宮城県の家具・装備品製造業や生産用機械器具製造業、鉄鋼業などの工場や製造業の付加価値額の傾向と現状をまとめて確認して行きましょう。

Contents

宮城県の高い付加価値額の製造業

宮城県の工場や製造業、非鉄金属製造業家具・装備品製造業情報通信機械器具製造業などの業種の労働生産性や売上げ総利益、人件費などから計算される付加価値額の推移データをグラフ化し見やすくまとめて行きます。

これら製造業の付加価値額のデータは、RESAS(地域経済分析システム)から得たデータを加工してグラフ化させており2018年時点でのデータで1986年から2013年の間の推移状況となります。

宮城県で人気の観光地はこんな感じ








おすすめの観光地を都道府県から選ぶ


宮城県のすべての中分類の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(すべての中分類)の付加価値額は平均で1,260,116(百万円)で多い時期で1,482,261(百万円)の付加価値額をピークに最小で934,419(百万円)となっています。

間近のデータではすべての中分類の付加価値額は1,159,722(百万円)となっており、平均値の1,260,116(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の食料品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(食料品製造業)の付加価値額は平均で210,531(百万円)で多い時期で244,808(百万円)の付加価値額をピークに最小で149,970(百万円)となっています。

間近のデータでは食料品製造業の付加価値額は173,284(百万円)となっており、平均値の210,531(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の飲料・たばこ・飼料製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(飲料・たばこ・飼料製造業)の付加価値額は平均で60,037(百万円)で多い時期で93,504(百万円)の付加価値額をピークに最小で23,872(百万円)となっています。

間近のデータでは飲料・たばこ・飼料製造業の付加価値額は33,517(百万円)となっており、平均値の60,037(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の繊維工業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(繊維工業)の付加価値額は平均で30,562(百万円)で多い時期で57,910(百万円)の付加価値額をピークに最小で11,648(百万円)となっています。

間近のデータでは繊維工業の付加価値額は11,690(百万円)となっており、平均値の30,562(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の木材・木製品製造業(家具を除く)の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(木材・木製品製造業(家具を除く))の付加価値額は平均で27,670(百万円)で多い時期で37,164(百万円)の付加価値額をピークに最小で18,873(百万円)となっています。

間近のデータでは木材・木製品製造業(家具を除く)の付加価値額は20,775(百万円)となっており、平均値の27,670(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の家具・装備品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(家具・装備品製造業)の付加価値額は平均で7,383(百万円)で多い時期で11,436(百万円)の付加価値額をピークに最小で3,731(百万円)となっています。

間近のデータでは家具・装備品製造業の付加価値額は6,079(百万円)となっており、平均値の7,383(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県のパルプ・紙・紙加工品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(パルプ・紙・紙加工品製造業)の付加価値額は平均で88,831(百万円)で多い時期で113,093(百万円)の付加価値額をピークに最小で62,108(百万円)となっています。

間近のデータではパルプ・紙・紙加工品製造業の付加価値額は75,999(百万円)となっており、平均値の88,831(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の印刷・同関連業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(印刷・同関連業)の付加価値額は平均で48,354(百万円)で多い時期で55,979(百万円)の付加価値額をピークに最小で31,312(百万円)となっています。

間近のデータでは印刷・同関連業の付加価値額は44,458(百万円)となっており、平均値の48,354(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の化学工業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(化学工業)の付加価値額は平均で32,053(百万円)で多い時期で65,882(百万円)の付加価値額をピークに最小で12,987(百万円)となっています。

間近のデータでは化学工業の付加価値額は44,208(百万円)となっており、平均値の32,053(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県の石油製品・石炭製品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(石油製品・石炭製品製造業)の付加価値額は平均で23,531(百万円)で多い時期で45,630(百万円)の付加価値額をピークに最小で-1,285(百万円)となっています。

間近のデータでは石油製品・石炭製品製造業の付加価値額は39,217(百万円)となっており、平均値の23,531(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県のプラスチック製品製造業(別掲を除く)の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(プラスチック製品製造業(別掲を除く))の付加価値額は平均で37,276(百万円)で多い時期で58,044(百万円)の付加価値額をピークに最小で21,301(百万円)となっています。

間近のデータではプラスチック製品製造業(別掲を除く)の付加価値額は24,786(百万円)となっており、平均値の37,276(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県のゴム製品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(ゴム製品製造業)の付加価値額は平均で20,412(百万円)で多い時期で26,545(百万円)の付加価値額をピークに最小で13,252(百万円)となっています。

間近のデータではゴム製品製造業の付加価値額は24,084(百万円)となっており、平均値の20,412(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県のなめし革・同製品・毛皮製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(なめし革・同製品・毛皮製造業)の付加価値額は平均で1,228(百万円)で多い時期で1,975(百万円)の付加価値額をピークに最小で521(百万円)となっています。

間近のデータではなめし革・同製品・毛皮製造業の付加価値額は771(百万円)となっており、平均値の1,228(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の窯業・土石製品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(窯業・土石製品製造業)の付加価値額は平均で54,261(百万円)で多い時期で69,751(百万円)の付加価値額をピークに最小で32,783(百万円)となっています。

間近のデータでは窯業・土石製品製造業の付加価値額は51,713(百万円)となっており、平均値の54,261(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の鉄鋼業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(鉄鋼業)の付加価値額は平均で39,204(百万円)で多い時期で63,900(百万円)の付加価値額をピークに最小で14,754(百万円)となっています。

間近のデータでは鉄鋼業の付加価値額は33,192(百万円)となっており、平均値の39,204(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の非鉄金属製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(非鉄金属製造業)の付加価値額は平均で24,456(百万円)で多い時期で41,247(百万円)の付加価値額をピークに最小で11,751(百万円)となっています。

間近のデータでは非鉄金属製造業の付加価値額は17,218(百万円)となっており、平均値の24,456(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の金属製品製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(金属製品製造業)の付加価値額は平均で83,656(百万円)で多い時期で114,164(百万円)の付加価値額をピークに最小で50,475(百万円)となっています。

間近のデータでは金属製品製造業の付加価値額は66,674(百万円)となっており、平均値の83,656(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県のはん用機械器具製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(はん用機械器具製造業)の付加価値額は平均で15,636(百万円)で多い時期で19,827(百万円)の付加価値額をピークに最小で10,031(百万円)となっています。

間近のデータでははん用機械器具製造業の付加価値額は19,578(百万円)となっており、平均値の15,636(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県の生産用機械器具製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(生産用機械器具製造業)の付加価値額は平均で44,407(百万円)で多い時期で105,850(百万円)の付加価値額をピークに最小で18,399(百万円)となっています。

間近のデータでは生産用機械器具製造業の付加価値額は52,816(百万円)となっており、平均値の44,407(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県の業務用機械器具製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(業務用機械器具製造業)の付加価値額は平均で25,294(百万円)で多い時期で36,747(百万円)の付加価値額をピークに最小で14,167(百万円)となっています。

間近のデータでは業務用機械器具製造業の付加価値額は14,167(百万円)となっており、平均値の25,294(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の電子部品・デバイス・電子回路製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(電子部品・デバイス・電子回路製造業)の付加価値額は平均で193,424(百万円)で多い時期で315,734(百万円)の付加価値額をピークに最小で95,367(百万円)となっています。

間近のデータでは電子部品・デバイス・電子回路製造業の付加価値額は223,693(百万円)となっており、平均値の193,424(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県の電気機械器具製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(電気機械器具製造業)の付加価値額は平均で52,647(百万円)で多い時期で78,596(百万円)の付加価値額をピークに最小で24,048(百万円)となっています。

間近のデータでは電気機械器具製造業の付加価値額は59,352(百万円)となっており、平均値の52,647(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県の情報通信機械器具製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(情報通信機械器具製造業)の付加価値額は平均で71,533(百万円)で多い時期で131,047(百万円)の付加価値額をピークに最小で27,164(百万円)となっています。

間近のデータでは情報通信機械器具製造業の付加価値額は32,090(百万円)となっており、平均値の71,533(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

宮城県の輸送用機械器具製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(輸送用機械器具製造業)の付加価値額は平均で49,731(百万円)で多い時期で92,580(百万円)の付加価値額をピークに最小で34,878(百万円)となっています。

間近のデータでは輸送用機械器具製造業の付加価値額は77,563(百万円)となっており、平均値の49,731(百万円)を上回っていますので増加傾向にあります。

宮城県のその他の製造業の付加価値額の推移

宮城県の工場などの製造業(その他の製造業)の付加価値額は平均で17,995(百万円)で多い時期で27,867(百万円)の付加価値額をピークに最小で11,556(百万円)となっています。

間近のデータではその他の製造業の付加価値額は12,799(百万円)となっており、平均値の17,995(百万円)を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

全国各地の都道府県の製造業の付加価値額の推移データメニュー

製造業の付加価値額の推移データの市町村メニューはこちら ⇒ 市町村の人口推移メニューへ