沖縄県与那国町の製造業の常用従業員数の推移

沖縄県
沖縄県

沖縄県与那国町には食料品製造業、石油製品・石炭製品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業などのさまざまな製造業が存在しますが、これらの職種の常用従業員数の推移を確認すると沖縄県与那国町では年々増減などの変動がみられます。

ここからは沖縄県与那国町の窯業・土石製品製造業やその他の製造業、繊維工業などの製造業の常用従業員数の傾向と現状をまとめて確認して行きましょう。

沖縄県与那国町の製造業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業、食料品製造業窯業・土石製品製造業すべての中分類などの業種の常用従業員数の推移データをグラフ化し見やすくまとめて行きます。

これら製造業の常用従業員数のデータは、RESAS(地域経済分析システム)から得たデータを加工してグラフ化させており2018年時点でのデータで1986年から2013年の間の推移状況となります。

沖縄県で人気の観光地はこんな感じ








人口減少時代の自治体政策 市民共同自治体への展望
2050年世界人口大減少
おすすめの観光地を都道府県から選ぶ


沖縄県与那国町のすべての中分類の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(すべての中分類)の常用従業員数は平均で66人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で94人の常用従業員数をピークに最小で46人となっています。

間近のデータではすべての中分類の常用従業員数は71人となっており、平均値の66件を上回っていますので増加傾向にあります。

沖縄県与那国町の食料品製造業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(食料品製造業)の常用従業員数は平均で18人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で52人の常用従業員数をピークに最小で7人となっています。

間近のデータでは食料品製造業の常用従業員数は24人となっており、平均値の18件を上回っていますので増加傾向にあります。

沖縄県与那国町の飲料・たばこ・飼料製造業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(飲料・たばこ・飼料製造業)の常用従業員数は平均で20人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で42人の常用従業員数をピークに最小で5人となっています。

間近のデータでは飲料・たばこ・飼料製造業の常用従業員数は34人となっており、平均値の20件を上回っていますので増加傾向にあります。

沖縄県与那国町の繊維工業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(繊維工業)の常用従業員数は平均で13人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で17人の常用従業員数をピークに最小で9人となっています。

間近のデータでは繊維工業の常用従業員数は17人となっており、平均値の13件を上回っていますので増加傾向にあります。

沖縄県与那国町の化学工業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(化学工業)の常用従業員数は平均で5人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で7人の常用従業員数をピークに最小で3人となっています。

間近のデータでは化学工業の常用従業員数は7人となっており、平均値の5件を上回っていますので増加傾向にあります。

沖縄県与那国町の石油製品・石炭製品製造業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(石油製品・石炭製品製造業)の常用従業員数は平均で7人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で14人の常用従業員数をピークに最小で4人となっています。

間近のデータでは石油製品・石炭製品製造業の常用従業員数は14人となっており、平均値の7件を上回っていますので増加傾向にあります。

沖縄県与那国町の窯業・土石製品製造業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(窯業・土石製品製造業)の常用従業員数は平均で22人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で37人の常用従業員数をピークに最小で4人となっています。

間近のデータでは窯業・土石製品製造業の常用従業員数は13人となっており、平均値の22件を下回っていますので減少傾向にあるとも考えられます。

沖縄県与那国町のその他の製造業の常用従業員数の推移

沖縄県与那国町の製造業(その他の製造業)の常用従業員数は平均で5人と地域の状況や環境にもよりますが少ない状態にあり、多い時期で6人の常用従業員数をピークに最小で4人となっています。

間近のデータではその他の製造業の常用従業員数は6人となっており、平均値の5件を上回っていますので増加傾向にあります。

全国各地の都道府県の製造業の常用雇用者数のデータメニュー

製造業の常用雇用者数のデータの市町村メニューはこちら ⇒ 市町村の人口推移メニューへ